ワークを載せる台です。
同じ位置に繰り返しワークを載せるため座屈や摩耗します。
ワークを載せる座面が摩耗するとワークが傾いたり位置ずれをして不具合になります。
ワークの形状に合わせてセラミックを掘り込むことで座面の摩耗対策が出来ます。