ミテックHOME » セラミックス接合製品 » セラミックスと金属の接合技術

セラミックスの種類と特徴

金属とセラミックスの接合方法には、主に接着、焼きばめ、そして超硬と金属を接合するロー付けがあります。
また接着剤にも様々な種類があり、用途や使用条件によりお客様に最適な接着剤をご用意いたします。
当社では接着の技術に絶対の自信を持っております。お気軽にご相談ください。

接着

エポキシ系、有機系、または無機系接着剤でセラミックスとセラミックス、あるいは、セラミックスと金属とを接着する方法。

接着

焼きばめ

熱膨張と収縮を利用して2つの物体を結合する方法。

1.はめ込み前
1.はめ込み前
2. 金属を加熱
2. 金属を加熱

arrow

3.金属とセラミックスをはめ込む
金属とセラミックスをはめ込む
4.急速に冷却して固定
急速に冷却して固定

arrow

再度高温にすると・・・
嵌めた部分が膨張して外れやすくなる

ロー付け

接合するべき超硬と金属との接合界面に接合するべき材料より融点の低いロー材を挿入してこれを加熱させた後、冷却させて接合する方法。

ロー付け