ミテックHOME » セラミックス接合製品  » セラミックス接合製品のメリット

セラミックス接合製品のメリット

セラミックス接合製品を導入することで様々なメリットが得られます。

メリット表

セラミックス導入のメリット

  • 一度セラミックス接合した部品をさらに再利用するためにセラミックス部分のみ取替え加工も出来る。
  • セラミックス部分の再研磨も可能。
  • 現在使用している部品を再利用し、追加工にてセラミックス接合を施すことが出来る。
  • 摩耗した部品の必要な部分だけにセラミックスを接合することにより、納期短縮、安価に出来る。
  • 金属+セラミックスの新規製作も可能である。
  • 従来のレール等(焼入れ後ハードクロムメッキ)に比べて10倍以上の寿命がある。
  • セラミックスにしたい所だけ部分的に接合することが出来る。
  • セラミックスを接合する部品をアルミ等軽い材質の物を使用すれば軽量化が出来る。
  • 摩耗パーツの交換がなくなり、ランニングコストの削減が出来る。
  • 摩耗パーツの交換がなくなり、ライン停止や交換作業が無くなる。

※使用状況、環境などによりかわる場合があります。
 またセラミックスの代わりに超硬、PCDを使用することも可能です。

対策とそのメリット

摩耗対策 金属の部品等で、摩耗の激しい部分だけをセラミックスにすることにより耐摩耗性がよくなり、長い期間使用することが出来る。
上記摩耗対策により、部品の交換頻度が少なくなりランニングコスト削減に繋がる。
腐蝕対策 金属の部品等で、腐蝕による変形した部分をセラミックスで再生することにより腐蝕がなくなり変形がなくなる。
セラミックス単体においては金属が腐蝕する環境でも腐蝕しない。
酸化対策 金属の部品等で、酸化によるさびなどがあった部分をセラミックスにすることにより酸化によるさびがなくなる。
磁気対策 磁気の影響を受けていた部分をセラミックスにすることにより磁気対策が出来る。
絶 縁 樹脂などで絶縁をしていたところをセラミックスにすることにより長寿命、及び精度が必要な部分においても加工が出来る。
セラミックス単体においては高温部分でも絶縁が取れる。
粉塵対策 金属の部品等で、摩耗による金属粉が出ていた物を、摩耗している部分をセラミックスにすることにより粉塵対策がとれる。
上記粉塵対策により、使用している設備の汚れ対策にもなる。
軽量化 ステンレスや金属の焼入れ材などで使用していた部分を、アルミ等の軽い材質の物とセラミックスの接合により軽量化することが出来る。
上記軽量化により、持ち運びや取り付けなどが今までより簡単に出来る。

セラミックス接合製品の注意点

高熱には弱い
接着剤で接合するので高熱には弱いです。
どうしても高温で使用する場合は高耐熱の接着剤を使用します。使用状態を教えていただければ当社で接着剤を選定いたします。
薄肉には接合しづらい
製品が薄肉だと接合出来ない場合があります。形状によっては剥がれやすくなり、また金属に反りや歪みなどが発生する恐れがあるためです。
当社にご相談いただければ最適な接合形状を提案いたします。
樹脂が母材の場合、セラミックス貼替えできない
樹脂にも接合加工は可能ですが、母材が損傷する為、加熱による剥離&再接合が出来ません。