ミテックHOME » セラミックス接合製品 » セラミックス接合製品Q&A
セラミックス接合製品Q&A

セラミックス接合製品導入で気になることに答えます!

発注する際、図面が必要ですか?

現物品の場合、図面があれば頂きたいですがなければ現物品を送って頂いて弊社で図面を書きます。
(最終チェックはお客様の方で確認、承認していただきます)

加工数量は1個からでも可能ですか?

もちろん大丈夫です。小ロット対応が弊社の強みです。

サンプル製作は可能ですか?

可能です。どんどんご相談下さい。
※ 詳しくは 試作・開発ご相談ページへ

最大どのくらいのサイズまで加工できますか?

基本的には角物ですと□200×L500
丸物ですと外形でφ200 加工長さでL400位までです。

どんなセラミックスを使用しているのですか?

使用の用途によってさまざまなセラミックスを使用しています。
殆どの場合お客様との打ち合わせのなかで使用する材料を決定していきます。
まず使用目的をお知らせいただきましてご相談ください。
セラミックスの種類と特徴 ページへ

納期はどのくらいかかりますか?

基本的には二週間ほどですが材料によっては入手時間のかかる物もございますのでその時は別途相談になります。

やはり価格は高いのですか?

素材の値段、加工の難しさから金属部品に比べるとやはり高額な価格になりますが、製品の寿命やランニングコストの削減などトータルで考えますと費用対効果は高いといえます。
また金属とセラミックスを接合して加工するので、必要な部分だけに最小限のセラミックスを接合して加工することが出来ますので価格をなるべく安く抑えることが出来ます。

どのくらい長持ちしますか?

用用途により異なりますがセラミックス(白ジルコニア)の場合、一般的なSKD11焼入れ品より約15倍長持ちします。
(ショットブラストによる摩耗試験法にて)
つまり、4カ月で交換していた部品が5年交換しなくていいことになります。

どのような所に使われますか?

実績としては、搬送レール・ガイドピン・軸受け・溶接スパッタ対策・検査部品・各種治工具など幅広く利用されており、耐摩耗品・粉塵対策・絶縁対策などお客様のニーズに合わせて提案、製作が可能です。
製品加工事例ページへ